N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

おでかけりゅうPON!

<おでかけりゅうPON!>紙面の工夫点探す/大宮小児童 新聞めくり学習(2013年6月21日)

 琉球新報の記者が新聞の仕組みや取材方法を紹介する出前講座「おでかけりゅうPON!」が20日、名護市立大宮小学校(古謝治校長、児童数800人)であった。5年生134人が、新聞をめくりながら、紙面の工夫点などを探した。当日の新聞の特徴を考えた児童らは「最新の台風情報が載っている」「沖縄戦のことがまとめられている」などと発表した。

 記者の仕事や七つ道具を紹介した大城三太記者は、記者の心構えを「相手の話を真剣に聞く、分からないことは何度でも聞くことが大切」と説明した。児童らは「週末の出来事」を題材にインタビューに挑戦し、記事を仕上げた。

 知念生恭(みゆき)さん(11)は「紙面のどこに配置されるかによって、ニュースが順位付けされていると知った。そこに着目して新聞を読んでいきたい」と話した。

<おでかけりゅうPON!>戦争「知る」意義強調/コザ小 記者が平和学習講師(2013年6月20日、社会面)

 本紙記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が19日、沖縄市立コザ小学校(平田光秀校長、児童数320人)であった。社会部の赤嶺玲子記者が沖縄戦当時、学徒隊として戦場に動員された体験者への取材経験を紹介。「皆さんは戦争が怖い、恐ろしいことだと教えてもらっているが、昔の人は知らずに戦場に行ってしまった。皆さんは知っているからこそ『兵隊にはなりたくない』『戦争はいやだ』と拒否できる」と述べ、戦争の実態を「知る」ことが大事だと強調した。

 講座は「慰霊の日」を前に全児童が参加する「平和を考える集会」で行われた。

 赤嶺記者は学生時代に沖縄戦について学び、平和ガイドをした経験も紹介した。戦後68年がたち、体験者の高齢化が進み、「皆さんは体験者の話を聞ける最後の人たちになるかもしれない。大人になり、自分の子どもにも沖縄戦のことを伝えてほしい」と願いを込めた。

 6年の大湾海李君(11)は「体験者の話を次の世代に伝えていくのは難しいと思うが、沖縄戦のことを多くの人に伝えたい」と話した。

<おでかけりゅうPON!>記者職に興味津々/羽地小 児童ら取材体験(2013年6月15日、社会面)

 琉球新報の記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が14日、名護市立羽地小学校(伊礼正二校長、児童数311人)であった。5年生47人が新聞をめくって、ニュースを分かりやすく伝える工夫や記事の書き方を楽しく学んだ。

 NIE推進室の大城三太記者は仕事の様子や取材で使う「七つ道具」を紹介した。児童から「これまで1番楽しかった取材は何ですか」「大変なのは、どんな時?」などと次々質問が飛び出し、新聞記者の仕事に興味津々な様子だった。

 児童らは記事を書く際に必要な5W1H(誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どのように)の要素を確認した後、ペア同士でインタビューに挑戦した。

 伊波愛絵さん(10)は「インタビューは難しかったけど、記事にまとめるのは工夫してできた」と話した。


RSS FEED