N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

おでかけりゅうPON!

<おでかけりゅうPON!>見出しは「看板」/宜野座・松田小 新聞の特徴学ぶ(2013年5月23日)

 記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が22日、宜野座村立松田小学校(伊波和子校長、児童数101人)で開かれ、5、6年生33人が紙面や記者の仕事について学んだ。

 NIE推進室の座波幸代記者は新聞の特徴に触れ、「見出しは『看板』や『道路標識』のようなもの。記事を全部読まなくても一目で内容が分かるようになっている」と説明した。

 児童らは「何回でも読み返せる」「持ち運びできる」などと新聞の良さを挙げ、理解を深めた。

 当銘祥子記者は記者を志した理由について「沖縄の良い部分や文化をみんなに伝えたいと思ったから」と話し、「どんなことにでも好奇心を持つことが大切だ」と語った。

 5年の當眞理子さんと宇良拓真君は互いに週末の出来事を取材した。具体的に質問しながらメモを取り、記事を完成させた。

<読んで広がるNIE>ニュースの格付け紹介/「おでかけりゅうPON!」 瀬底小で出前講座(2013年5月22日)

 記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が21日、本部町立瀬底小学校(喜納すえ子校長、児童数45人)で開かれ、3年生から6年生までの児童ら30人が参加した。児童らは思い思いに新聞をめくり、経済面やスポーツ面などから興味のある情報を探し出した。

画像をクリックすると、授業などで役立つワークシートが開きます。

<おでかけりゅうPON!>宮良小65人が新聞作り学ぶ/新報記者が出前講座(2013年2月27日付)

 琉球新報記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が26日、石垣市立宮良小学校(小浜美佐子校長、児童数119人)で開かれ、4年から6年までの約65人が新聞作りや、記者の仕事などについて学んだ=写真。新報移動編集局「石垣ウイーク」の一環。


RSS FEED