N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

おでかけりゅうPON!

<おでかけりゅうPON!>記者の仕事に挑戦/コザ小 2人1組で取材(2012年10月19日)

【沖縄】沖縄市立コザ小学校(平田光秀校長)で17日、琉球新報記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が開かれた。3、4年生の児童112人は記者の仕事やメモの取り方を学んだ後、友達同士でインタビューし、記者の仕事に挑戦した。

 講座では、座波幸代NIE推進室記者が記者になったきっかけや「ペン」「カメラ」など仕事の「七つ道具」を紹介。続いて金城綾乃同室記者が、重要な箇所がわかるように印を付ける方法や、「いつ」「どこで」といった5W1H、固有名詞に注意するなど、メモを取るときのコツを説明した。ワークショップでは、2人1組で相手の将来の夢について取材。児童らは真剣な表情で話を聞き、記事にまとめた。
 3年生の玉城寛太君(9)は「友達にインタビューするのが楽しかった。習ったことに気を付けて、詳しく聞くことを心掛けた」と声を弾ませた。
 「りゅうちゃん号」が講座の様子をまとめた速報を配布した。

<おでかけりゅうPON!>文章 分かりやすく/石垣市伊野田小 全児童にNIE講座(2012年10月12日)

 【石垣】琉球新報記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が10日、石垣市立伊野田小学校(西原貴和子校長)で開かれ、全校児童18人が参加した。金城綾乃NIE推進室記者が新聞の仕組みや記事の書き方を説明。児童らは友人同士で取材し合ったり、記事の写真に吹き出しを付けたりと、新聞について楽しく学んだ。

<おでかけりゅうPON!>5W1Hで文上手に/友だちの週末 取材/安謝小5年生(2012年9月21日)

 琉球新報記者による出前講座「おでかけりゅうPON!」が18日、那覇市立安謝小学校(棚原憲一校長)で開かれ、5年生の児童93人が参加した。児童らは新聞の仕組みや記事の書き方を学んだ後、2人1組で取材し合い、記者の仕事を体験した。


RSS FEED