N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

りゅうPON!

2011年10月23日付 第42号

▽作戦立てやすく面白い 沖縄の伝統将棋「象棋」(1面)
 「チュンジー(象棋)」という言葉を聞いたことがありますか? 戦前まで那覇市久米を中心に親しまれていた沖縄の伝統将棋です。戦後は日本将棋が主流になり、チュンジーを楽しむ人は少なくなってしまいました。しかし、最近になって「沖縄の伝統的な遊戯文化を次世代へつなぎたい」と願う人々が出てきました。中学校や公民館で講座が開かれたほか、コンピューターゲームをつくろうという学生も現れるなど、新たな動きが広がっています。




▽ぴりんぱらん方言塾(30)―ヌー ソーガ(何をしているか)(1面)
▽キラ星ウチナー 夢トキメキ―車いすランナーの幸地にいなさん(2面)
▽琉球怪談百物語 ほんとうにあったこわい話(42)―霊の通り道(2面)
▽ヒストりゅ~ 琉球・沖縄の歴史(26)―近世の宮古・八重山(2面)
▽なるほど りゅうPON!ラボ(6)―私たちの生活を支える水(4・5面)
 →応用編「川の水質を測ってみよう!」はこちらです
▽りゅうPON!掲示板(8面)
▽教えてりゅうちゃん 授業で使える! 新聞活用まる得テクニック―新聞を使ってみよう! の巻(22)(8面)

2011年10月16日付 第41号

▽ジュニア通信員(96)―なかよし新聞(8面)
 9月17日、中城村立なかよし児童館で、同19日の敬老の日にちなんだ「マッサージ屋さん」が開店した。児童館の子どもたちが、お年寄りを敬愛し、長寿を願おうと取り組まれた。子どもたちがスタッフとなり、地域から招待したお年寄りにアロマテラピーや整体を施した。ハーブティー、黒糖でもてなす接客もあり、癒やしとふれあいの楽しいひとときとなった。




▽ぴりんぱらん方言塾(29)―特徴を伝える(2)(1面)
▽キラ星ウチナー 夢トキメキ―シーサー職人の奥原崇太さん(2面)
▽琉球怪談百物語 ほんとうにあったこわい話(41)―ナイトウォーク(2面)
▽ヒストりゅ~ 琉球・沖縄の歴史(25)―組踊の誕生(2面)
▽教えてりゅうちゃん 授業で使える! 新聞活用まる得テクニック―新聞を使ってみよう! の巻(21)(8面)

2011年10月9日付 第40号

▽世界とつながる運動会 宜野座村立漢那小学校・幼稚園(1面)
 運動会シーズン真っ盛りの2日、宜野座村立漢那小学校・幼稚園(児童107人、園児13人、仲地暁校長・園長)では、ユニークな運動会が開かれました。13日から始まる第5回世界のウチナーンチュ大会を記念して、南アメリカから宜野座村で仕事を学ぶために来た、祖父母や親が宜野座村出身の人や外国からのお客さんたち計15人を招いて、一緒に入場行進や障害物競走をしました。一緒に汗を流しながら、漢那っ子たちは、運動会のテーマでもある「笑顔を世界にとどけよう」と外国のお客さんと身近に触れ合いました。




▽ぴりんぱらん方言塾(28)―特徴を伝える(1面)
▽キラ星ウチナー 夢トキメキ―キングスダンサーズのHaruyoさん(2面)
▽琉球怪談百物語 ほんとうにあったこわい話(40)―さようならフィッツ(2面)
▽ヒストりゅ~ 琉球・沖縄の歴史(24)―冊封使が見た琉球(2面)
▽ビジュアル版 北南米中心に県系人40万人 13日から世界のウチナーンチュ大会(4・5面)
▽ジュニア通信員(95)―興南中新聞(8面)
▽教えてりゅうちゃん 授業で使える! 新聞活用まる得テクニック―新聞を使ってみようの巻(20)(8面)

RSS FEED