N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

りゅうPON!

2011年10月2日付 第39号

▽ジュニア通信員(94)―無人島体験新聞(8面)
 国立沖縄青少年交流の家の「無人島アドベンチャーキャンプ2011」(協力・県立青少年の家)が夏休み中の8月8~11日、渡嘉敷村の無人島「儀志布島」で実施された。参加者は、応募した240人余りから選ばれた小学校5年生から中学校3年生までの19人で、1人は愛媛県から参加した。「電気がなくてもトイレがなくても、仲間がいれば生きていける」をスローガンに、風呂もなく、トイレは穴を掘っただけのその島で、11人のスタッフと共に3泊4日の無人島生活に挑戦した。




▽ぴりんぱらん方言塾(27)―感じたものを伝える(1面)
▽キラ星ウチナー 夢トキメキ―声優・ナレーターの石底マキさん(2面)
▽琉球怪談百物語 ほんとうにあったこわい話(39)―仏壇から座布団(2面)
▽ヒストりゅ~ 琉球・沖縄の歴史(23)―琉球から日本へ伝わったもの(2面)

2011年9月25日付 第38号

▽県系移民の心伝えたい 来月、世界のウチナーンチュ大会 小中学生ら劇に挑戦(1面)
 「移民」という言葉を知っていますか。古里を離れ、海外に移り住んだ人々のことです。沖縄県は他の県に比べて移民した人々が多く、今でもその子や孫たちが゛世界のウチナーンチュ(県系人)゛として活躍しています。けれど、見知らぬ国で生きてきた彼らには、涙が枯れるほどの苦労や血のにじむ努力もありました。そんな歴史を知ってほしいと、沖縄市と嘉手納町の小中学生や先生らによる劇団「び~んず.D」が19日、沖縄市民小劇場あしびなーで劇を披露しました。




▽ぴりんぱらん方言塾(26)―ウーカジ(台風)(1面)
▽キラ星ウチナー 夢トキメキ―囲碁道場運営の新城衛さん(2面)
▽琉球怪談百物語 ほんとうにあったこわい話(38)―わる風(2面)
▽ヒストりゅ~ 琉球・沖縄の歴史(22)―琉球の史書(2面)
▽なるほど りゅうPON! ラボ(6)―暮らしを支える微生物!(4・5面)
 →応用編「いろんな場所で微生物を探してみよう!」はこちら
▽りゅうPON! 掲示板(8面)
▽教えてりゅうちゃん 授業で使える! 新聞活用まる得テクニック―事例紹介(7) 宜野湾小の巻

2011年9月18日付 第37号

▽うみそらトンネル開通 海の底、車で通行(1面)
 沖縄で初めての海底トンネル「那覇うみそらトンネル」を含む、長さ2・5キロの那覇西道路が8月28日に開通しました。那覇西道路は那覇空港から那覇ふ頭近くの海底を通り、若狭交差点に続きます。道路が開通することで、国道58号や331号の渋滞が減ったり、那覇空港と那覇港をつなぐ貨物の輸送が強化されることが期待されています。




▽ぴりんぱらん方言塾(25)―方言でなんと言いますか。方言で○○と言うよ。(1面)
▽キラ星ウチナー 夢トキメキ―畳職人の仲本真一郎さん(2面)
▽琉球怪談百物語 ほんとうにあったこわい話(37)―ヤーヌバン(2面)
▽ヒストりゅ~ 琉球・沖縄の歴史(21)―琉球の位階(2面)
▽ビジュアル版 レキオン、風切り疾駆(4・5面)
▽ジュニア通信員(93)―港川小新聞(8面)
▽教えてりゅうちゃん 授業で使える! 新聞活用まる得テクニック―事例紹介(6) 北中城小の巻(8面)


RSS FEED