N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

NIEニュース

<NIE>県内から6人選出/「いっしょに読もう!新聞コンクール」

 第3回「いっしょに読もう!新聞コンクール」(日本新聞協会主催)の小学校、中学校、高校の各部門で県NIE推進協議会(山内彰会長)会長賞、奨励賞に計6人が選ばれた。

<NIE>小禄南小に学校賞/「いっしょに読もう!新聞コンクール」/朝の「NIEタイム」で力(2012年11月30日)

 日本新聞協会主催の第3回「いっしょに読もう!新聞コンクール」で、全国の団体応募291校の中から那覇市立小禄南小学校(山城銀子校長)が学校賞に輝いた。学校賞は全国から10校が選ばれた。昨年度創設された県内独自の表彰枠、県NIE推進協議会(山内彰会長)の会長賞、奨励賞には計6人が選ばれた。(27面に関連)

新聞活用の実践報告/NIE学会閉幕(2012年11月26日)

 授業で新聞を活用するNIE(教育に新聞を)を研究する日本NIE学会の2日目が25日、秋田市であり、各分科会で教員らが新聞を使った授業の実践などを報告し、閉会した。
 相模原市立鶴の台小学校の金山光一校長は、東日本大震災で被災した岩手県大船渡市の市立大船渡小学校に壁新聞を送る取り組みを報告した。


RSS FEED