N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

NIEニュース

NIE活用で講座/県教育庁と推進協、初連携(2012年7月28日)

 県立総合教育センター(諸見里明所長)で27日、新聞活用を学ぶ教員研修が開かれ、小学校教諭約40人が参加した。同センターが主催する短期研修講座・小学校社会科講座の一環で県教育庁と県NIE推進協議会(山内彰会長)が連携した初の取り組み。
 言語活動の充実が大きく掲げられた学習指導要領の下、学校現場では出前記者講座や新聞活用に関する校内研修が数多く開かれるなど、教育に新聞を活用するNIE活動が広がりを見せており、参加した教諭らは学校現場での新聞活用の在り方について熱心に学んでいた。

児童が月刊新聞/天底小 投稿や切り抜きも(2012年7月12日)

 【今帰仁】今帰仁村立天底小学校(座間味靖校長)の新聞クラブは、切り抜きや毎月の学校新聞発行に取り組んでいる。メンバーは4~6年生までの7人。新聞は子どもたちにとって身近なものとして定着している。

 切り抜きは、各自で選んだテーマに関連する記事を選ぶ。5年の與儀望さんは「動物が好きで動物に関する記事を集めている。記事の切り抜きは楽しい」と笑顔で話す。6年の喜屋武裟也さんと崎浜芽依さんは学校行事を取材し、学校新聞を発行している。

「NIE」実践 県内5校指定/全国で554校(2012年7月12日)

 日本新聞協会は11日、教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の2012年度実践指定校に、県内5校を含む全国554校を決定した。そのうち先進的な取り組みをしている学校が選ばれる「奨励枠」は県内2校を含め、20都道府県の51校を認定した。


RSS FEED