N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

NIEニュース

りゅうPON!題字コンテスト 最優秀賞に長谷川さん 元日号で作品掲載(2011年12月29日)

 新報小中学生新聞「りゅうPON!」の創刊1周年を記念し、小中学生から公募した「りゅうPON!題字コンテスト」の審査会がこのほど、琉球新報社で開かれた。応募総数331点から、那覇市立小禄南小4年の長谷川渚さんの作品が最優秀賞に輝いた。小中各部門の優秀賞各3作品も決まった。

 最優秀賞は1月1日付「りゅうPON!」の題字として使われる。優秀賞各3作品は同紙面上で紹介する。

 長谷川さんは作品のテーマを「大好きな沖縄と新聞」に設定し、彩り豊かで楽しそうな新聞の中に題字を描いた。長谷川さんは「『りゅうPON!』はいろんなことが分かりやすく書かれていて楽しい。みんなにもっと新聞を大好きになってほしい」と願った。

 審査委員長を務めたイラストレーターで切り絵作家の三木静さんは全体的なレベルの高さを評価した上で、長谷川さんの作品を「『りゅうPON!』の特性をよく知っていて、何を表現すべきかをよく分かっている」と絶賛。審査員の下地祐子さん(総合学園ヒューマンアカデミー那覇校講師)は「日ごろから楽しい目で新聞を見ていることがよく分かる。元気な作品で見ていて楽しくなった」と講評した。

 優秀賞は次の通り。
 【小学生の部】玉那覇詩乃(沖縄アミークス4年)▽野中いちか(沖縄市立宮里小3年)▽山城あやな(那覇市立小禄南小4年)
 【中学生の部】仲井間愛乃(那覇市立城北中3年)▽仲里結花(南風原町立南星中3年)▽安里凜子(興南中1年)

「りゅうPON!題字コンテスト」投稿フォーム

 「新報小中学生新聞 りゅうPON!」は、来年1月で創刊1周年を迎えます。そこで読者の皆さんへの感謝を込め「りゅうPON!題字コンテスト」を開催します。最優秀者の作品は、来年1月の「りゅうPON!」に掲載します。題字は新聞の顔です。多くの読者を引きつけ元気が出るようなデザインをお待ちしています。

【応募資格】小中学生
【サイズ】縦4センチ×19・5センチ以内
【テーマ】自由 「りゅうPON!」の文字をデザインしてください。
【入賞者発表】1月の「りゅうPON!」に掲載
【締め切り】12月2日(当日消印有効)
【応募方法】※こちら(PDFWord)から応募用紙をダウンロードして使用すると便利です。
☆郵便で送る
〒900-8525
那覇市天久905
琉球新報社編集局NIE推進室「りゅうPON!題字コンテスト」係まで

☆メールで送る
下のフォームからも応募できます

※応募作品は返却できません。ご了承ください。

お名前 (必須)
住所 (必須)
電話番号 (必須)
学校名・学年(必須)
作品(2メガバイト以下)
どんなことを考えて作品を作ったのか、作品に込めた思いを書いて下さい。(200字以内)

琉球新報社のNIEに関する取り組み(その他)


・琉球新報こども新聞

 小学生が記者となり、政治や経済、社会、スポーツなどいろいろなテーマで取材をして、記事を書きます。編集局の記者が取材の仕方や記事の書き方をアドバイスします。毎年9月初めごろに発行しています。
 小学生記者を体験したお友達からは「今まで経験したことのない取材を体験し楽しかった」「経験を将来の夢につなげたい」といった感想が寄せられています。

琉球新報こども新聞 第14号はこちらから

・しんぽう出前記者講座

 記者が学校を訪れ、記事の書き方や見出しの付け方などをわかりやすくお話します。

・しんぽう新聞スクール

 夏休み期間中に2~3回開きます。記者が仕事の内容ややりがい、取材のポイントなどをお話するほか、新聞博物館ではスタッフが日本や沖縄の新聞の歴史などを説明します。なかなか見ることのできない、印刷工場の見学も行います。

・しんぶん感想文コンクール

 県内の児童・生徒が「生きた教材」として新聞を読み、感じたことを自分の言葉で伝える力を身につけてもらう企画です。詳細は同コンクール事務局まで。(電話)098(865)5013。


RSS FEED