N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

NIEニュース

NIE実践校 3校に認定書/県推進協(2012年8月15日)

 県NIE推進協議会の山内彰会長、兼松力NIEアドバイザー(大里中教諭)ら5人が14日、うるま市立中原小学校など2012年度NIE実践指定校3校を相次いで訪れ、日本新聞協会の認定書を伝達した。

 11月3日に県NIE実践フォーラムを開催する中原小の安里禮子校長は「NIEは言語活動そのものだ。実践することで子どもが変わる。チャンスと捉えて頑張りたい」と語り、PTAと連携した実践に意欲を示した。

文章力、飛躍的伸びた/伊平屋 教職員対象に新聞講座(2012年8月8日)

【伊平屋】新聞を教材として活用するNIEの実践講座が教職員を対象に7月25日、伊平屋小学校で行われ、同校、幼稚園、野甫小中学校から各学年の教諭が参加した。講師はNIEアドバイザーの佐久間洋教諭(伊平屋小)が務めた。新聞を読むことで5分間で世界情勢が把握でき、意見交換することで相手と会話が生まれ、社会性が身に付くなど具体的な活用の利点を参加した教諭それぞれが実感した。

<NIE・教育に新聞を>新聞の「総覧性」体感/教育センターNIE講座/教師24人が研修(2012年8月5日)

 県立総合教育センター(諸見里明所長)で3日、新聞活用を学ぶ研修会が開かれ、中高の教諭24人が参加した。講師を務めたNIEアドバイザーの兼松力大里中教諭は、NIEの現状や切り抜きを使った新聞作りを紹介。参加者はワークショップを楽しみながら、多様なニュースが一目で分かる「総覧性」などの新聞の特長を体感した。


RSS FEED