N I E(エヌ・アイ・イー)はNewspaper in Education の略で、「教育に新聞を」の意味です。

今日のNIE

iPad使い情報共有/興南中で公開授業(2013年11月29日、教育面)

 第19回県マルチメディア教育実践研究大会(県マルチメディア教育研究会主催)が24日、那覇市の興南学園で開かれた。iPad(タブレット端末)を活用した公開授業や討論会などが行われた。授業での日常的なICT(情報通信技術)活用を目指し、教師の指導力向上を図るのが目的。

 日本新聞協会NIE実践指定校の興南中が公開授業を行った。1年1組の生徒が「30年後の沖縄」をテーマに作った新聞の良い点や改善点などについて活発に議論を交わした=写真。

詳細は、29日付 琉球新報教育面をご覧ください。

<NIE・教育に新聞を>ご当地ニュースで交流/中原小 熊本、奈良とテレビ会議(2013年11月29日、教育面)

 11月のNIE月間に合わせて、沖縄、熊本、奈良3県の3校が新聞から選んだ「ご当地ハッピーニュース」を紹介し合う遠隔地交流活動が26日、各校で行われた。テレビ会議システムで3校をつなぎ、地域の特色あふれた記事について質問し合ったり、感想を紹介したりして楽しんだ。

 日本新聞協会NIE実践校のうるま市立中原小6年生39人が参加した。県立総合教育センターの甲斐崇研究主事(NIEアドバイザー)がコーディネートし、熊本市立桜木東小の児童、奈良女子大付属中等教育学校の高校生と画面を通し、記事についての感想を伝え合った。

詳細は、29日付 琉球新報 教育面をご覧ください。

<NIE・教育に新聞を>普天間第二小で親子で新聞作り/4年生ら215人(2013年11月24日、社会面)

 新聞を教育に活用するNIE(Newspaper In Education)を取り入れた普天間第二小4年生のPTA行事が23日、宜野湾市の同校体育館であった=写真。児童や保護者ら215人がお気に入りの写真選びや、切り抜き新聞作りに力を合わせて取り組み、親子の会話に花を咲かせた。

 NIEアドバイザーの甲斐崇県立総合教育センター研究主事、琉球新報、沖縄タイムス両紙のNIE担当者が講師を務めた。

 参加者はグループに分かれて「すごい」「楽しい」「なるほど」などのテーマに沿った写真を探し、切り抜き新聞作りに挑戦した。

詳細は、24日付 琉球新報をご覧ください。


RSS FEED